沿革

1966年
4月
名古屋市中村区名駅4-8-12に「名古屋モード学園」(愛知県認可)を開校。
1971年
4月
準学校法人日本服飾学園設立。
大阪市北区梅田1-3-1に「大阪モード学園」(大阪府認可)を開校。
1976年
6月
本格的なインターンシップ制度をカリキュラムに導入・実施。
1979年
4月
法人名を、準学校法人日本服飾学園から、学校法人 モード学園に変更。
1980年
10月
東京都新宿区西新宿6-12-7に「東京モード学園」(東京都・新宿区認可)を開校。
1984年
4月
大阪市北区梅田1-11-4に「コンピュータ総合学園HAL」(大阪府認可)を開校。
1986年
3月
コンピュータ総合学園HAL新校舎を大阪市北区大淀中1-10-3に完成し移転。
4月
名古屋市中村区名駅南1-28-14に「コンピュータ総合学園HAL」(愛知県認可)を開校。
1988年
4月
校費・海外留学生制度を導入、毎年5名を対象として実施。
11月
コンピュータ総合学園HALが文部省より職業教育高度化開発研究を委託される。
12月
東京モード学園新校舎が東京都新宿区西新宿1-6-2に完成し移転。
1989年
1月
パリ(フランス)に「パリ本部」を開設し、国際化戦略の拠点とする。
MODEはパリ卒業旅行、HALはアメリカ卒業旅行を実施。以降毎年実施。
4月
在学生に向けて「完全就職保証制度」を発足。
1994年
4月
全校の専門課程に対し、文部省から専門士称号の付与が認められる。
11月
モード学園において、「クリスチャン・ラクロワ(パリのファッションデザイナー)奨励賞」を制定。
1995年
4月
創造力教育の理念に基づく個性発見の教育評価方法(S.S.D教育評価システム)を開始。
9月
CREAPOLE(パリ校)をパリ1区リボリ通りに開校。
1999年
3月
大阪駅西に大阪モード学園とコンピュータ総合学園HALを合体させた新校舎完成。
2校同時に移転。
2000年
4月
旧コンピュータ総合学園HAL総合校舎に医療・福祉系専門学校「大阪医専」(大阪府認可)を開校。
2007年
4月
厚生労働省指定学科の在学生に向けて「国家資格 合格保証制度」を発足。
2008年
4月
名古屋校新校舎「モード学園スパイラルタワーズ」(地上36階・地下3階)が名古屋市中村区名駅4-27-1に完成。名古屋モード学園・コンピュータ総合学園HALを同時に移転。


名古屋市中村区名駅4-27-1に医療・福祉系専門学校「名古屋医専」(愛知県認可)を開校。


「コンピュータ総合学園HAL」から「HAL大阪」、「HAL名古屋」に校名変更。

10月
東京校新校舎「モード学園コクーンタワー」(地上50階・地下3階)が東京都新宿区西新宿1-7-3に完成し、東京モード学園を移転。
2009年
4月
東京都新宿区西新宿1-7-3にIT・デジタルコンテンツ系専門学校「HAL東京」(東京都・新宿区認可)、医療・福祉系専門学校「首都医校」(東京都・新宿区認可)を開校。
2014年
3月
文部科学大臣「職業実践専門課程」の認定を受ける。
2016年
4月
法人名を、学校法人モード学園から、学校法人日本教育財団に変更。
2017年
8月
情報・福祉分野の通信制大学「東京通信大学(Tokyo Online University)」が文部科学大臣より設置認可。(2018年4月開学)